飲食店の制服を作ってもらおう【デザイン選びが大切】

記事リスト

複数のTシャツ

学生時代の思い出を彩る服

部活やサークル活動で部活Tシャツを導入してみるのも学生の成長を促すきっかけとなります。活動のPRはもとより、チームワークを意識することにもなります。部活Tシャツの購入を学生自身が行うのも、社会とふれあう貴重な経験です。青春時代の思い出を彩るのが、部活Tシャツなのです。

イラスト

女性におすすめ

専門業者にオリジナルtシャツを作ってもらうのなら、ロングtシャツがいいかもしれません。特に女性はお尻が隠れる丈なので、嬉しく感じられることでしょう。お尻のコンプレックスは女性に多いため、丈が長いと重宝されます。

女の人

お店の経営の際に

飲食店の制服は、そのお店のイメージを左右する重要なポイントです。この制服にこだわることにより、売り上げがアップすることもあります。そんな制服を作成したい場合は専門の業者への依頼をおすすめします。これにより和洋中といった店のイメージにあったものを作りやすくなります。

Tシャツ

Tシャツで団結力アップ

部活の一体感を高めるのが部活Tシャツです。これはオリジナルTシャツの専門店を利用すれば簡単に作ることが出来ます。部活Tシャツの作り方については、デザイン、業者を選び、デザイン入稿、支払いという手順ですすめます。

ロングTシャツ

丈の長いTシャツ

オリジナルTシャツは、学校などのイベントで利用される機会が増えています。その中でも、最近、ロングtシャツの利用が増えています。特に多いのが、現代舞踊団体のリハーサル用の衣装です。丈が長く、優雅なデザインが、本番の舞台をイメージしやすいと人気が高まっています。

色やデザインの選び方

男女

清潔感を重視

飲食店の制服には、お店のイメージを統一するというメリットがあります。制服に飲食店のロゴマークなどが入っていれば、お客様に店名を覚えてもらいやすくもなるでしょう。お店のイメージカラーを決めておくのも、良さそうです。飲食店が制服を選ぶ際には、清潔感が重視されます。食べ物を扱っていますから、店員が汚れた制服を着ているとお客様に不潔なイメージを与えてしまうでしょう。制服の色の決め方ですが、ホワイトやブルーには爽やかさが感じられますが、汚れやすい色でもあります。クリーニングをマメに行う必要がありますが、汚れの目立たない色や素材の制服の方がいいかもしれません。また、制服のデザインですが、その飲食店のイメージに合ったデザインというのがありそうです。たとえば、レストランなどは、ホールのスタッフに腰巻タイプのエプロンやベストなどを着用させています。また、厨房のスタッフには、コックのようなデザインを採用しています。ラーメン屋などは、Tシャツを制服にすることで動きやすく、元気も良さそうに見えて、お店のイメージづくりにプラスになっています。和食の店の場合は着物を着ることで、「和食」のイメージが強調されます。飲食店の制服は枚数を多く作ると、一枚一枚の単価が安くなります。まとめて注文した方が良いでしょう。制服をクリーニングに出したときなどのために多めに作っておくと、汚れたときに着替えることができるのではないでしょうか。