自身で会社設立する際には、様々な知識が必要になります

設立に要する資金

株式会社の登記に必要な費用は、定款に貼る収入印紙代が4万円、定款の認証手数料5万円、定款の謄本手数料約2000円、登記の際の登録免許税15万円と最低でも25万円が必要になります。
しかし、これは株式会社の設立に最低限必要な資金なので、資本金として用意するための金額を入れるとさらに必要な資金は膨れ上がることになります。
厳密にいえば、資本金1円でも会社設立の費用としては、問題ありませんがその後の事業を行ううえで問題が発生する可能性があるのでおすすめできません。
日本では、会社設立に必要な資金として平均して300万円を用意している方が多いです。
1円起業でも事業に自信があるのであればかまいませんが、まだまだ必ず成功するという自信がない方は、300万円程度用意しておくとよいでしょう。

会社設立にあたって、資金を用意していた、貯金していたなどの場合はそのままそのお金を使えばいいのですが、設立までに目標としていた資金を集めることができない場合は、銀行を利用するとよいでしょう。
銀行では、融資として会社設立に必要な金額を貸してくれます。せっかく会社を始めるのに、借金から始めるのはいやだという方もいると思いますが、会社を設立するには初期投資としてお金がかかります。
そのため、世の中の多くの会社が銀行から借金しているというのが実情です。会社を設立する際には思い切って、銀行から必要な資金を貸してもらいましょう。